STDならクラビットで治療できる誤解と免疫異常病気

クラビットは抗生物質として広範囲の細菌感染症に有効であることから注目を浴びてきているものです。それ以前から知られてきたペニシリン系やセフェム系の抗生物質に比べても多くの細菌に対して効果が得られることに加え、除菌率も高い感染症が多いことから多くの医師にとって選択しやすい治療薬として喜ばれています。特にその有用性の高さから汎用されるのが泌尿器科や性病科であり、男性のSTDに対してクラビットを準備しておくというのが基本とされているクリニックもあります。STDの中には細菌感染症も多く、男性が罹患することが多い性器クラミジア感染症や淋病に対してクラビットが有効であるということが示されて汎用されてきました。徐々に耐性菌も増えてきていることから注意喚起がなされるようになっており、マクロライド系抗生物質として有用なものが登場したことから使用頻度は変化しつつあります。しかし、依然としてSTDの治療にクラビットはよく用いられる抗生物質となっています。そういった認識が広まったことによってSTD治療ならばクラビットで良いという誤解も生じています。免疫異常病気となるSTDもありますが、その原因となるのは細菌ではなくウイルスであるため、クラビットによる治療を行うことができません。しかし、免疫異常病気では感染症に対する抵抗力が低下することから、細菌感染症の予防や治療にクラビットを用いることはよくあります。免疫異常病気のようにSTDの中には細菌感染ではないものも多く、抗生物質であるクラビットが有効ではないものも多いということは留意しておかなければならないでしょう。たとえ海外から手に入れることができても意味のない服薬をしてしまっては元も子もないからです。