細菌感染を予防するための方法

感染症などの病気の原因に様々な細菌があります。
このような病気の原因になる細菌感染を予防するための方法には次のようなものがあります。

まず基本的な方法として手洗いがあります。
日常生活で触れる様々な部分に最近は付着しててい、手についた細菌学地やめ、鼻の粘膜から体内に入り感染症を引き起こすので、こまめな手洗いは必要不可欠となります。
手洗いの効果を最大限生かすためにも、爪を短く切ること、つけ爪やマニュキュアは取っておく、時計や指輪もあらかじめはずしておくことが重要です。
また指の間や親指、手首などもしっかり洗うことも大切です。

他の基本的な予防方法としてうがいがあります。
うがいをすると感染症の発症率は4割下がるという研究結果もあるくらい、効果のある方法です。
うがい薬を使用しない水道水だけでも十分に効果がありますから、外出先から帰った時などに行うよう習慣にすることが大切です。

部屋の湿度を適切に保ったり、適度に換気をすることも効果的です。
また閉め切った部屋で咳やくしゃみなどをした場合、細菌が長時間空間中にとどまっていることになるので、換気をして細菌を追い出すことも効果があります。

もちろん各種の予防接種も細菌感染予防の効果的な方法です。

基本的なことだけでも十分に効果がありますし、時間のかかるものでもありませんから、習慣づけることを心がけてください。