クラビットで性病治療

病原微生物を退治するクラビットを用いて性病を今すぐ治療しましょう。

女性の医者

尿検査をして膀胱炎と診断されたらクラビット

膀胱炎の女性膀胱炎という病気の名前は誰しも聞いたことがあると思います。
膀胱炎は尿道から細菌が感染し、膀胱で増殖して炎症を起こすことで痛みや残尿感を伴う症状を引き起こすもので、男性より女性のほうが多く罹患します。
なぜ女性のほうが多く罹患するのかというと、身体の構造の違いによります。女性は男性に比べて尿道から膀胱までの距離が短く、尿道は4cm程度しかありません。そのため外陰部から排便時などに大腸菌が入り込み、容易に感染してしまうのです。また、女性はトイレに行くことを恥ずかしかって我慢してしまう場合があります。これも膀胱炎発症の一因となります。トイレを我慢し尿を膀胱にためておくと、侵入した細菌がそこで増殖してしまい、膀胱炎を悪化させる原因となるのです。
もし残尿感を感じたり、尿が濁っているなどの異常に気が付いた場合は泌尿器科を受診してください。
泌尿器科では膀胱炎かもしれないということを伝えると、まず尿検査を行ってくれます。尿検査で尿に血液やたんぱくが混じていないか、細菌が多くないかなどの異常が認められ膀胱炎が疑われた場合治療が行われます。もちろん尿検査の結果膀胱炎以外の病気が見つかる場合もありますので、その場合はそちらの治療が行われます。
膀胱炎の場合、治療にはクラビットという抗菌剤がよく用いられます。クラビットはニューキノロン系抗生物質で、殺菌作用により抗菌作用を示します。クラビットは皮膚感染症などその他の感染症にもよく用いられる抗菌剤で、抗菌スペクトルが広く、様々な細菌が原因となる疾患には適しています。これを数日間服用することでほとんどの場合は完治しますが、服用後はきちんと完治したかを確認するため、再度泌尿器科を受診し尿検査を受けることが大切です。