クラビットとはどんな薬か

ついつい忙しくて病院に行くことが出来ず、重症化してから初めて病院に訪れるということはよくあります。
初期段階ならすぐに治療できるものなのに、病院に来るのが遅かったばかりに結果として治療に時間がかかるようになってしまうのです。
性病もそういった病気の一つであり、異常があるのはわかっていても恥ずかしいので病院に来るのが遅くなるケースは珍しくありません。
特に最近ではわざわざ病院に行かなくてもインターネットなどで簡単に性病の薬が手に入ってしまうことも原因にあります。
性病になってしまった時によく病院で処方されるクラビットもインターネットなら簡単に手に入りますので、どうせ病院に行っても同じ薬が処方されるなら自分で購入しても同じだと考える人もいるのです。
しかし、そもそもクラビットとはどんな薬か正しく理解して服用している人はそう多くないでしょう。
クラビットとは主にクラミジアや淋病といった性感染症に効果のある薬です。
性病だけではなく様々な感染症に効果のある薬として病院ではよく処方されています。
副作用も少なく、高い効果を持つ薬ではありますが実は全ての性感染症に有効というわけではありません。
最近若い人の間で流行っている性感染症の一つにトリコモナスというものがあります。
トリコモナス原虫というとても小さな虫が性器に炎症を引き起こす病気で、感染力も強く不妊の原因ともなる危険な病気です。
このトリコモナス 治療にはクラビットではなく、メトロニダゾールやチニダゾールといった薬が使用されます。
性感染症によって適切な治療法というものがありますので、恥ずかしいからといって自分でどうにかするのではなく、医師の診断を受けて正しい薬を処方してもらうことが大切です。

[!] ヘルペスにはこれ
バルトレックス